ペットシッター認定資格取得・ペットのためのアロマ&マッサージクラス

ペットシッター士資格取得講座とは

飼い主様が仕事や旅行、病気、入院など不在時に飼い主様に代わってペットのお世話をする仕事に携わりたい場合に必要な知識を学習します。経験豊かな講師陣の指導により、ペットの生態や健康管理についての知識を学ぶ事ができ、実務全般についても指導します。また、当学院の特性を生かした「動物のためのアロマセラピー&マッサージ」に関する知識についても受講頂けます。
愛犬や愛猫の健康管理や日々のケアにも役立ちます。動物に携わる仕事で自分に合ったペースで開業されたい場合、「動物取扱業」の申請が必要となります。「動物取扱業」の申請にあたり、各種資格等が必要です。各地域毎に指定機関への登録申請の方法についても講座にてご指導致します。
環境省が定める動物取扱業「保管」「訓練」の登録申請要件を満たすペットシッター養成講座です。

※ペットのためのアロマ&マッサージのみの受講も受け付けております。詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

動物を癒すペットへのアロマ&マッサージ

動物は人間のように言葉を話すことが出来ません。
飼い主が気づく時は、動物はぐったりと元気がなくなってからです。
できれば、そんな状態になる前に日々の生活の中で様々な病気の予防ができればと心から願います。アロマセラピーで使用する精油には、抗菌作用や抗ウィルス作用を持つものがあります。これらの精油を動物に対して安全な使用法で活用することで愛犬や愛猫の健康管理に役立てることができます。また臭いもアロマの香りでカバーすることも可能です。
愛犬や愛猫に合ったオリジナルのシャンプーの手作りも可能です。
いつも変わらない愛をくれる愛犬や愛猫の健康に少しでも良いことをしてあげたいものです。
マッサージは人間だけでなく、ペットの病気を予防したり、治療の助けになります。
ペットとの絆を深めるためにもマッサージ はとても役立ちます。
動物の体のツボについても学習します。しかし、ツボの位置にこだわらなくても、ペットの喜ぶところを刺激すれ免疫力が高められます。 ツボはエネルギーや内臓の働きにつながるスイッチです。
マッサージでツボや経絡を刺激すると、気の流れや血液循環がよくなり、病気の回復が助けられます。愛犬や愛猫が元気がないと、とても心配です。
家庭で愛犬や愛猫のために簡単に出来るマッサージとしても有効です。

当学院ペットシッタースタッフのご紹介

しげまつひろみ

子供の頃から動物と過ごしてきました。生活の中に動物がいたことで、動物と触れ合うことが大好きです。
動物について今後も勉強と経験を深めたいと思います。お預かりするワンちゃん、猫ちゃんは心を込めてお世話させていただきたいと思っています。お会いできることを楽しみにしています。

>> 当学院のペットシッターサービスに関しましてはこちら

どのような人に向いている講座?

愛犬や愛猫の健康管理や日々のケアに役立てたり、ペットに携わるお仕事に就きたい方のための講座です。

講座概要

口座数 全21講座 受講料 168,000円(教材費・材料費込)
取得資格 特定非営利活動法人ペットシッター協会 協会認定資格
環境省「動物取扱業」の「保管」「訓練」の登録申請要件を満たします。
教材 ペットシッター専門コーステキスト、その他資料、クラフト材料

カリキュラムのご紹介

ペットシッターの仕事 ペットとの接し方
1.ペットシッターとは
2.ペットシッターの仕事
3.ペットシッターとして注意すること
1.犬との接し方
2.猫との接し方
飼い主(依頼者)との接し方 ペットの体調と健康管理
1.電話での対応
2.ペットシッターとしてのプロ意識
3.行動力と判断力
4. 観察する!愛情をもって!
1.ペットの体調変化の対応
2.病気の危険性のある症状
3.薬の飲ませ方
4. 便とトイレの掃除
犬の知識 猫の知識
1.犬種とその性格
2.犬の性格がつくられる要因
3.犬の散歩とその目的
4.飼い主が忘れてはいけないこと
5.犬の病気と症状
6.予防接種
7.届け出等の手続き
8.犬の骨格、歯牙について
9.健康を保つための手入れ
10.噛み癖のある犬
11.犬の感情表現
12.危険な物を飲み込んだ場合
13.夜中に愛犬の具合が悪くなった場合
14.愛犬が年をとってきたら
15.愛犬とのお別れの時がきたら
1.猫の習性
2.好きな場所
3.体をなめる、摺り寄せてくる
4.猫の栄養の基礎知識
5.猫の感情表現
6.猫と家
7.猫の行動
8.猫の年齢の見分け方
9.猫の室内飼い
10.猫のトイレ
11.トイレの掃除
12.猫の留守番
13.抜け毛
14.ノミの予防
15.猫のシャンプー
16.ブラッシング
17.家具で爪とぎをやめさせる方法
18.放し飼いの猫を室内飼いにするには
19.猫の食事と栄養
20.猫の健康管理
ペットの飼育と管理 小動物の知識
1.犬の場合、犬の栄養の基礎知識
2.小動物の場合
1.フェレット
2.ウサギ
3.チンチラ
4.モルモット
5.シマリス
6.ハムスター
7.鳥類
人畜共通感染症とは ペットの冠婚葬祭(ブリード、葬儀)
1.人畜共通感染症とは
2.人畜共通感染症の予防
3.動物に噛まれたり、
 引っかかれたりした場合
4. 人畜共通感染症の種類
1.ペット(犬・猫)の繁殖の
 基礎知識
2.ペットとのお別れ
3.動物愛護及び管理に関する法律
ペットに関する法律 知って得する犬の知識
1.預けた人に対する責任
2.預けた人以外に対する責任
3.有料でペットの世話を任せる場合
4.動物愛護及び管理に関する法律
1.犬の体で体罰を与えても
 大丈夫なところ
2.リードの持ち方、犬のつけ位置
3.引き戻しの方法
服装、持ち物 「しつけ」について
1服装
2持ち物
1.「しつけ」とは
2.仔犬の選び方
3.グループ別犬種について
4.仔犬を迎える準備
5.犬を飼うにあたっての飼い主の負担
「触り方・接し方」について 「犬の社会化」について
1.好ましくない触り方・接し方
2.正しい触り方・接し方
3.アタッチメントを行う
4.グルーミングに慣らす
5.コントロールポジション
6.リラックスポジション
1.犬の社会化について
2.エッセンシャルトレーニング
「権勢症候群」について 「褒め方・叱り方」について
1.権勢症候群とは
2.権勢症候群がみせる行動
3.権勢症候群の対策
1.褒め方
2.叱り方
3.英国式トレーニング方法
ペットシッターの実務について 登録申請の手順
1.各書式活用リスト
2.業務になれるまでのチェックリスト
3.その他のチェックポイント
4.電話予約の受け方の流れ
5.電話予約の受け方のポイント
6.打合せ訪問の流れ
7.打合せ訪問のポイント
8.留守宅でのお世話の流れ
 (シッティング)
9.留守宅でのお世話のポイント
10.営業展開
11.困った時・ペット関係各機関
12.災害に備えて(ペット対策)
13.所得税の申告について
14.簡単な簿記の基礎
15.カルテ・パーソナルカード記入例
16.契約書(同意書)の記入例
17.ペット日誌記入
18.ペット日誌記入のポイント
19.名刺作成について
20.ペット日誌(見本)
21.チラシ(見本)
22.シュミレーション・ハンドブック
1.届け出施設の確認
2.届け出に必要な書類、書き方
3.その他、まとめ
動物のためのアロマセラピー&マッサージ  
1.皮膚病のためのアロマセラピー
2.耳の病気のためのアロマセラピー
3.口、歯の病気のためのアロマセラピー
4.鼻の病気のためのアロマセラピー
5.感染症予防のためのアロマセラピー
6.骨や関節の病気のための
 アロマセラピー&マッサージ
7.脳の病気のためのアロマセラピー
8.心の病気のためのアロマセラピー
 &マッサージ
9.動物(犬・猫)の体のツボ&マッサージ
 

開講スケジュール

  会場 開校日(授業開始日) 授業日 受講申込・締切日
受付中 福岡校 プライベートレッスンのみ ご希望の日時を
相談可能
受講希望日の
1ヵ月前
受付中 大阪校 プライベートレッスンのみ ご希望の日時を
相談可能
受講希望日の
1ヵ月前

お申込みの流れ

受講申込書を当サイトもしくはFAXにてご請求下さい。

受講をお申込み頂くに当たって必要な事項を記入頂く必要がありますので、当サイトの「お問い合わせ・資料請求」ページから受講申込書をご請求頂くか、フォームと同等の内容を記入頂いたものをFAX(0942-38-3078)宛にお送り下さい。
すぐに受講申込書を郵送させて頂きます。

受講申込書・郵便取扱票(振込用紙)がお手元に届きましたら受講希望講座の受講料をゆうちょ銀行からお振込下さい。

お手元に受講申込書が届きましたら、同封にて「郵便取扱票」が入っているかご確認下さい。
その用紙で、ゆうちょ銀行にて受講料をお支払い頂きます。
当校は受講前お支払いにてお申込み頂いております。お振込が終わられましたら、郵便取扱票は大切にお持ち帰り下さい(次のステップで使用します)

振り込み票兼受領証のコピーを受講申込書に貼り付け、必要事項を記入の上、当学院に郵送・またはFAXをお送り下さい。

お振込頂いた際の「振込票兼受領証」を、以前にお申し込み頂いた「受講申込書」の所定位置に貼り付け、その他必要事項をご記入の上、当学院へ郵送・FAXにてお送り下さいませ。

受講日の10日前までに受講当日のご案内書を送付しますのでそれを持って初日受講へおいで下さい。

実際に受講を開始する10日前に、受講当日に関するご案内状をお送りいたします。
当日ご準備いただくものなどもここでお知らせさせて頂きます、

お申込み・資料請求

お申込み・資料請求はお気軽にどうぞ。ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちらから